勉強会

2014年2月5日(水)に全国町村会館にて第3回勉強会を開催いたしました。



今日のテーマ『急速に進む放送のパーソナル視聴への緊急対策』


1月にアメリカで開催されたCESの速報や、米国の放送ビジネスにおきている激動の最新レポート、さらには日本のリモートアクセスの最前線状況報告など盛りだくさんのご講演と、「今、放送で何が起こっているのか?」放送業界の新たな取り組みから、今後どういったことが起こるのかなど、パネル形式で、ご登壇者の皆様にご意見をいただきました。



本日のご講演者及びご登壇者


【第1部】

■日本電気株式会社 テレコムキャリアビジネスユニット / IPDCフォーラム幹事
 高木 誠一さま
 「パーソナルデバイスTV視聴とその普及に向けて~光SWGの検討報告~」

■日本大学生産工学部 講師(非常勤)/ 映像新聞 論説委員 杉沼 浩司さま
 「4Kの陥穽とチューナーレス・テレビの足音」

■IPDCフォーラムリサーチャー 田中 勇樹
 「コムキャストのマルチデバイス戦略に見る!米放送ビジネスの未来形」


【第2部】

■株式会社電通 関西テレビ局 局次長 / IPDCフォーラム幹事 今谷 秀和様
 「今、放送で何が起こっているのか?~世帯視聴からパーソナル視聴への急激な変化~」

■パネルディスカッション
 モデレーター:中村伊知哉
 パネリスト :杉沼浩司さま、高木誠一さま、今谷秀和さま

以下、当日の風景

 

 

 

  ※勉強会で配布した資料は会員ページの中にございます。