QA(よくあるご質問)

IPDCフォーラムに関する、よくあるご質問と回答を掲載しております。

質問をクリックして回答をご覧ください。

1.IPDCフォーラム組織について事務局のご案内

1.目的、活動内容について

通信の世界では、NGNやLTEなど、ALL IP化への動きが顕著である。
一方で、放送の世界では2011年以降のアナログテレビジョン放送終了後のVHF帯を利用した「携帯端末向けマルチメディア放送において、放送方式を提案したすべての事業者より、IPへの対応が提言されている状況である。
今後は、これらの新インフラを利用して、必要に応じて通信と放送を使い分けてコンテンツ配信を行うIPDCが公共、商用サービスの形で登場することが望まれる。
そこで、IPDCを共通基盤とした新しいサービス・新産業の創出を強力に推進することを目的とした民間任意団体として『IPDCフォーラム』を設立する。

2.会費について

正会員は12万円/年、準会員は5万円/年とする。
詳細については入会案内の会員制度を参照

3.参加資格について

IPDCに興味のある会社については、参加を拒まない。

4.入会、退会の手続きについて

入会については、用意する所定の様式に従って、事務局に対し、郵送または手渡しにより申込みを行い、代表が認めることにより手続きが完了する。
退会については別に定める退会届を事務局に請求し、原則として1ヶ月前までに提出することで自由に退会できる。

5.代表について

発足時は、中村伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)が務める。

6.事務局について

事務局は、発足時は一般社団法人 融合研究所、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が運営する。

7.幹事会について

幹事会は、発足時は代表、副代表のほか、各部会の主査、副主査をもって充てることとし、会員総会の決議を必要としないフォーラムの活動、経費等について討議し、各部会間の情報共有を行う。

8.各種ワーキンググループについて

各種ワーキンググループ/研究会等はフォーラム会員によって構成される。
またフォーラム正会員社であればワーキンググループや研究会等へご参加することができる。ただし準会員でもリーダーの指名があった場合に限り参加することが出来る。

9.団体などが参加することの可否

複数者が所属する団体などとは、必要に応じて、リエゾン関係を結んでいくことを目指すため、複数者が共同で参加することは想定していない。

10.会議で策定した事項等はどこにどのように提案していくのか

法制度、業界慣習等に類する事項は、政府や業界団体のしかるべき機関に提言を行う。
また、サービス・技術に類する事項ついては、フォーラムの検討成果を公表し、対象となる団体、企業等に働き掛けていく。

11.途中入会または退会のときの会費・金額はどうなっているのか

会費は、入会の時期に関わらず、年度単位で一定額を納めていただく。
また、途中退会をした場合でも、会費の返却は行わない。

12.活動開始時期について

2009年6月30日に第1回会員総会を実施し、それを以ってIPDCフォーラムを発足することとする。

2.他団体との関係

1.IPTVフォーラムとの関係

IPTVフォーラムはIPTVの技術規格の統一を目指すための協議体である。
IPDCフォーラムでは、IPを共通基盤とした通信・放送融合型サービスの検討を行っていく。
IPDCフォーラムはIPTVフォーラムとのリエゾン関係を構築するよう努力していく。

2.ARIBとの関係

サービス技術仕様を策定する際に、ARIBとして議論していただかなければならない規格(ARIB規格)の改定が必要となる場合も想定される。そのため、ARIBとは、必要に応じ連携を図っていく。

3.総務省との関係

随時IPDCフォーラムの検討状況をお知らせするとともに、制度整備の状況に応じて検討、要望、提案などを進める必要があると考えている。

4.KMDとの関係

発足時は、IPDCフォーラムの準備事務局を慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が務める。

5.一般社団法人 融合研究所との関係

発足時は、IPDCフォーラムの準備事務局を一般社団法人 融合研究所が務める。

6.他団体とのリエゾン関係

IPDCフォーラムは他団体と積極的にリエゾン関係を結んでいく。