ケーブル技術ショー2016に出展いたしました。


 IPDCフォーラムライフライン研究会では7月28日~開催されたケーブル技術ショー2016に初出展いたしました。

 今回の展示はテーマ展示ゾーン内にある”防災・減災を支える技術”の展示の1つとしてIPDCフォーラムのブースを設け、ケーブルでの IPDCを活用した「防災情報ワンストップ配信システム」のデモを実演いたしました。
今回の展示では、ケーブル網に繋がれたテレビやサイネージ、タブレットやスマートフォン、ラジオなどさまざまなデバイスに向けて 緊急情報を配信一斉に配信したり、地域によって内容を出し分ける(地域によって受信内容が異なる)デモを実施。
開催期間中にはケーブル事業者さまをはじめ、業界団体の皆さまや、さらにはたくさんのフォーラム会員さまにもお立ち寄りいただき、 デモをご見学いただきました。
ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。

展示に関する資料はこちら

 なお、今年度の入場者数は以下の通りです(ケーブル技術ショー公式ページより参照)

1日目 7月28日(木):5,915人
2日目 7月29日(金):4,817人
2日間合計      :10,732人

当日の様子




展示にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

※ケーブルショー2016出展のプレスリリースはこちら