ご挨拶

通信と放送の融合・連携が政策論議となって15年以上が経ちます。その間、ブロードバンド、モバイルネット、そして地上デジタル放送といった実態が現れ、 やっと現実のビジネスが明確な形を見せ始めました。
制度面でも、「情報通信審議会通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会」において、デジタル化・IP化を軸にした規制緩和と融合促進の方向性が示されています。 「ユビキタス特区」といった制度、ビジネス、技術の実験も進んでいます。 いよいよIPがベースとなって通信・放送を横断するサービスの時代に突入しました。
通信はIPが共通基盤となり、放送でも有線のIPTVに加え、電波にIPを用いて一斉同報配信を行う「IPDC」(IP Data Cast)サービスの導入が検討されています。 「携帯端末向けマルチメディア放送」のシステム提案でも、3種のシステム全てにIPパケットを放送波で伝送する仕組みが盛り込まれています。

「IPDCフォーラム」は、サービス・ビジネス面、技術面、その他の課題に取り組むことにより、IPDCを核とした新たなサービスや産業を創出しようとするコミュニティです。
ご指導ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
IPDCフォーラム代表 中村伊知哉

IPDCとは

IPDCとは、IP Data Castの略で、従来のインターネットをはじめとする通信の世界で一般的であったパケット(IPデータグラム)を 放送用電波に乗せて一斉配信する放送サービスの総称です。
既存の放送技術にIPDC技術を取り込むことで、放送と通信との親和性を高め、放送サービスの特徴を活かしながら、PCや携帯電話など インターネットに対応する情報端末に向けて情報発信することが可能となります。

特にホワイトスペースでは、地域密着・地域振興に関わるコンテンツを、広く普及する端末に配信する事が重要となることから、コンテンツ 制作においてもインターネットのノウハウが活かせるIPDC技術の活用は、地域事業者が参入しやすい環境の構築に貢献するものと期待されています。

体制

※画像をクリックするとPDFで開きます。